フリーのプログラマの大変さを紹介します

フリーのプログラマは会社に勤務するのではなく、自分一人でプログラムを作成する事を仕事として生活をするのです。フリーのプログラマは仕事を自分で選ぶことが出来るという特徴があります。さらに、時間を気にせずに仕事をすることも出来ます。パソコンが1台あって、それがインターネットにつながっているならば仕事が可能です。

しかし、フリーのプログラマならではの仕事の大変さがあります。最初に仕事を自分で探さなければならないという事が挙げられます。幸いな事に、今ではインターネットを使って仕事を発注したり受注することが出来るサービスが有りますから、それを利用して仕事を得ることが出来ます。また、会社に勤務をしていることによって得られる様々な社会保障はありません。年金も自分で支払わなければならないものですし、確定申告も自分自身で行う必要があります。このように様々な手続きを自分で行うことが必要ですから、その結果として個人の作業量は多くなってしまいます。

また、確実に仕事をこなすためには常に勉強を続けて行かなければなりません。プログラムの技術は常に進歩をしています。そうなので、新しい参考書を購入して常に勉強を継続していく必要があります。このように会社に勤務をせずに個人で仕事をしていくことは簡単ではないのです。自分から課題を見つけ出す必要がありますし、それを解決していくという能動的な態度を持っていることが大切であります。

Add Your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です